インタビュー

インタビュー

2017.02.20Mon

祝・テディ賞審査員特別賞受賞作「彼らが本気で編むときは、」から学ぶセクシュアル・マイノリティの一歩先にある問題

第67回ベルリン国際映画祭で上映されるなかからLGBTをテーマにした作品を対象に選出される「テディ賞」で審査員特別賞に輝いた「彼らが本気で編むときは、」。監督の荻上直子さんは受賞を受けてコメントを発表した。「非常に嬉しいです。トラン...
インタビュー

2017.02.18Sat

「お腹を空かせてきました!」桐谷健太さんも楽しみにしていた食事シーン『彼らが本気で編むときは、』荻上直子監督インタビュー

荻上作品の魅力のひとつと言えば、フードスタイリスト飯島奈美さんによる食事シーン。最新作『彼らが本気で編むときは、』でも食事シーンは飯島さんが担当。その食事シーンでは、トランスジェンダーの女性・リンコ役を演じた生田斗真さん、リンコの彼...
インタビュー

2017.02.17Fri

生田斗真さんを起用した理由『彼らが本気で編むときは、』

トランスジェンダーの女性・リンコを演じるのは、生田斗真さん。なぜ彼に白羽の矢が立ったのか? 役作りに奮闘する生田さんと、それを支えるスタッフとのユニークなエピソードもお話いただきました。   ■きれいな女性として成立する人...
インタビュー

2017.02.16Thu

癒してなるものか!『彼らが本気で編むときは、』荻上直子監督インタビュー

『かもめ食堂』『めがね』など、独特の世界観・空気感で女性を中心にファンの多い荻上直子監督、待望の最新作『彼らが本気で編むときは、』が2月25日(土)全国ロードショーされる。 生田斗真さん演じるトランスジェンダーの女性が主人公の本作...
インタビュー

2017.02.13Mon

満島ひかりが作り上げた「光子」像は救いになった

妻夫木聡さん演じる週刊誌記者の取材によって口を開く証言者たち。その証言によって過去と現在を行き来しながら、事件はだんだんとその全貌を現していく!人と人の間に生まれる羨望や嫉妬、そしてそれが引き起こす悲劇――。いったい誰が加害者で誰が被害...
インタビュー

2017.02.12Sun

記者のリアルを習得!『愚行録』妻夫木聡さんの役作り

複雑な心情を内包する多面性のある登場人物が、『愚行録』の魅力のひとつ。しかし、そんな複雑なキャラクターを演じる俳優たちは苦労しそうです。今回のインタビューでは、主役である週刊誌記者・田中武志を演じた妻夫木聡さんと、その妹・光子を演じ...
インタビュー

2017.02.11Sat

撮影監督に外国人を起用した理由 『愚行録』監督インタビュー

前回のインタビューでは、多面性のあるキャラクター作りへのこだわりを話してくれた監督。もうひとつ大きなこだわりを持って仕上げたのが、ドライで美しい映像です。撮影監督には、ポーランド国立映画大学で同時期に学んだピオトル・ニエミイスキを起...
インタビュー

2017.02.10Fri

爬虫類の肌のような独特の質感『愚行録』石川監督インタビュー(全4回)

閑静な住宅街で起こった一家惨殺事件。未解決のまま一年が過ぎ、週刊誌記者の田中(妻夫木 聡)があらためて取材した関係者の証言から、「理想の家族」と思われた一家の実像が浮かび上がる――。第135回直木賞候補にも選ばれた貫井徳郎の傑作ミス...
インタビュー

2017.01.16Mon

上からの力で一般の人たちがヒドい目に遭う『沈黙−サイレンス−』と『野火』に共通する構造

塚本晋也監督作『野火』(原作:大岡昇平)では戦争の悲惨さが描かれ、今の時代の風潮が戦争に近づきつつあることに危機感を覚えた方も多かったのではないでしょうか? 塚本さんは、出演した『沈黙−サイレンス−』(原作:遠藤...
インタビュー

2017.01.15Sun

スコセッシ監督の部品になれるなら無心で捧げる

自身を“信者”と言うほどスコセッシ監督を敬愛する塚本晋也さん。その現場では映画監督としての気づきも得られたそうです。 ■スコセッシ教の信者として身を捧げた ――そこまで身を捧げられたのはなぜですか? そ...
インタビュー

2017.01.14Sat

撮影2日目で演じた最重要シーン「終わった瞬間、泥の中でこみ上げました」

物語の前半では、宣教師として江戸時代の日本に渡ったロドリゴ神父(アンドリュー・ガーフィールド)とガルペ神父(アダム・ドライバー)と、弾圧される隠れキリシタンたちとの出会いが描かれます。中でもモキチ(塚本晋也)はひときわ信心深く、ロドリゴ...
インタビュー

2017.01.13Fri

『沈黙−サイレンス−』塚本晋也さんインタビュー/スコセッシ監督に別人だと思われていたオーディション裏話

『タクシー・ドライバー』を始めとした数々の名作で知られるマーティン・スコセッシ監督の最新作は『沈黙−サイレンス−』(原作:遠藤周作)。江戸初期のキリシタン弾圧下の長崎を舞台に、宣教師ロドリゴ(アンドリュー・ガーフ...