インタビュー

インタビュー

2016.03.22Tue

アカデミー受賞作だけど納得いかない物語がある 『リップヴァンウィンクルの花嫁』岩井俊二監督

3.11以降の日本を切り取ったという、作品の世界観を紐解くヒントが見えた前回のインタビュー。今回は、さらに作品の世界観を掴むため、それをどうストーリーに落とし込んでいったのか、より具体的にお聞きしました!   &nbs...
インタビュー

2016.03.21Mon

夢を見られない時代の「不思議の国のアリス」『リップヴァンウィンクルの花嫁』岩井俊二監督

SNSでの出会いから、“幸せ”な結婚を果たした内気な女性・七海。そんな彼女がふとしたキッカケから不思議の国のアリスのように“転落”してゆく物語「リップヴァンウィンクルの花嫁」。でも&h...
インタビュー

2016.03.18Fri

結局、人を傷つけるのも救うのも人『きみはいい子』呉美保監督(2/4)

「虐待」「学級崩壊」「独居老人」といった社会問題について描いた『きみはいい子』(Blu-ray&DVD発売中!)。じつは呉美保監督ご自身も映画撮影後に出産を経験し、現在1人のお子さんを子育て中。今回は、ご自身も子育てをする中...
インタビュー

2016.03.15Tue

2015年キネマ旬報ベストテンにランクイン!『きみはいい子』呉美保監督(1/4)

今回のインタビューは『そこのみにて光輝く』でモントリオール世界映画祭最優秀監督を受賞した呉美保監督。今回、呉監督が手がけたのは「虐待」「学級崩壊」「独居老人」といった社会問題について描いた中脇初枝さんの同名小説『きみはいい子』を原作...
インタビュー

2016.03.10Thu

奇跡が舞い降りる人の条件とは? 『俳優 亀岡拓次』横浜聡子監督(4/4)

前回のインタビューで明かしてくれたリアルな撮影現場でもあったいろんなハプニング。撮影現場自体がまさにドラマなんだと感じさせられました。さて、最後のインタビューとなる今回は…これまでおこなってきた「亀岡的生き方の考察」の...
インタビュー

2016.03.07Mon

二宮和也さんは天才だと思います 『母と暮せば』企画:井上麻矢さん(4/4)

大切な人の死をどう受け止めるのか? 映画に込められた大事なキーワードについて語られた前回のインタビュー。最後となる今回は、あらためて…この作品を通して井上さんが感じた企画者として大事にすべきことについてお聞きしました。...
インタビュー

2016.03.03Thu

すぐに体を許す女の子を理解する 『ピースオブケイク』田口トモロヲ監督(3/4)

今回は、田口監督自身の20代の恋愛についてお聞きしつつ、本作のキャラクターに対する想いについてお聞きしました。すぐに体を許してしまうタイプの女性・志乃(多部未華子)のことを理解するためのヒントについても語っていただきました。 &n...
インタビュー

2016.03.02Wed

役者へのリクエストは"何もしないでください" 『俳優 亀岡拓次』横浜聡子監督(3/4)

“自分の色を出さず、目の前の状況に合わせて最善を尽くす”。シンプルですが、かなり難しい。これを淡々と続けられる『俳優 亀岡拓次』のスゴさをあらためて実感した前回のインタビュー。今回は、ちょっとストーリーから離...
インタビュー

2016.02.25Thu

大事な人を亡くした全ての人へ...『母と暮せば』企画:井上麻矢さん(3/4)

長崎の原爆で、この世に未練を残して逝った息子と、その喪失感にさまよう母の物語『母と暮せば』。今回は、山田洋次監督がこの作品に込めたテーマについて…制作過程の最前線で見守ってらした企画者・井上麻矢さんにお話を伺いました。...
インタビュー

2016.02.18Thu

最近の映画には「色」が少ない 『虎影』西村喜廣監督(4/4)

思春期に「スターウォーズ」「ブレードランナー」「未知との遭遇」を観て影響を受け、特撮の道を志したという西村監督。最終回も前回に引き続き…日本の映画界に感じる疑問点についてのお話をご紹介! そして…主演・斎...
インタビュー

2016.02.17Wed

マンガと実写の違いを意識しました 『ピースオブケイク』田口トモロヲ監督(2/4)

恋愛版『仁義なき戦い』…田口トモロヲ監督がそう捉えて撮影した25歳女の恋愛を描いた『ピースオブケイク』。第1回目のインタビューでは、監督と本作との出会いについて語って頂きました。今回のインタビューでは、マンガが原作のス...
インタビュー

2016.02.15Mon

亀岡拓次の生き方はカッコいい 『俳優 亀岡拓次』横浜聡子監督(2/4)

人ってどこかで能力以上に自分を大きく見せようとか…無理して上を目指そうとかしちゃいがち。そんななか…無理せず淡々と求められた仕事に応えてゆく俳優 亀岡拓次の生き方を監督ご自身はどう感じているのか? 良い意味で...