インタビュー

インタビュー

2016.10.01Sat

福山雅治がパパラッチに!『SCOOP!』大根仁監督インタビュー

  『モテキ』『バクマン』とヒット作を連発してきた大根仁監督が挑むのは、芸能ネタから社会事件まで追いかけるパパラッチと記者の物語。パパラッチを演じるのは『日本一撮られない男』福山雅治! ポスターは映画内に登場する写真週刊...
インタビュー

2016.09.23Fri

「シン・ゴジラ」がより面白くなると話題「太陽の蓋」って?

興行収入65億円を超える大ヒットを記録している「シン・ゴジラ」。観客動員数は420万人を超え、最終的には興収70億円、500万人動員も視野に入ってきた。「シン・ゴジラ」の観客から似ている!と指摘され「シン・ゴジラの面白さが増す」と評判の...
インタビュー

2016.09.17Sat

殺人犯を疑われる3人がそれぞれに抱える『怒り』

手配写真が公開され、人々の胸に浮かんだ容疑者は3人。優馬(妻夫木聡)が新宿で出会った無職の男・大西直人(綾野剛)。千葉の漁協にふらりと現れ、愛子(宮﨑あおい)と同棲を始める田代哲也(松山ケンイチ)。泉(広瀬すず)が沖縄の無人島で出会...
インタビュー

2016.09.16Fri

妻夫木聡が『怒り』で魅せた怪演

東京で大手通信会社に勤める藤田優馬は、新宿で出会った直人と一緒に暮らすことになる。しかしある報道をきっかけに彼に対する疑いが生まれ――。藤田優馬を演じたのは、『悪人』でも名演を見せた妻夫木聡さん。「怒り」でも、その「藤田優馬」がこれ...
インタビュー

2016.09.15Thu

「怒り」李監督が広瀬すずに厳しかった理由

李相日監督インタビュー第2回では、母娘2人で引っ越してきた地「沖縄」で悲痛な事件に巻き込まれる高校生・小宮山泉を演じた広瀬すずさんについて伺いました。     ■「痛み」が泉のものとして伝わらない限りOKに...
インタビュー

2016.09.14Wed

宮﨑あおいが見せないけれど持っているモノとは? 『怒り』李相日監督インタビュー

2010年、吉田修一の原作を李相日が監督した『悪人』は、日本アカデミー賞を始めとした国内の映画賞を総ナメにしたほか、海外でも高く評価され、興行収入は19億円を超える大ヒットを記録。人間の善悪に深く切り込んだドラマは日本中で感動を呼び...
インタビュー

2016.08.26Fri

試写会で竹内結子さんに「めちゃくちゃ怖い!」と怒られました『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』撮影秘話 中村義洋監督インタビュー

怖いものを求めていってもなかなか心霊現象は起きない。そこから得たのは「怖さの演出」。そんな中村監督の体験談についてお聞きした前回のインタビュー。最後となる今回は、撮影現場の裏話、そして『残穢』おススメの見方についてお聞きしました。 ...
インタビュー

2016.08.26Fri

撮影があまりに怖いので、心霊スポットの噂がないところをロケ地に選んだこともあった『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』中村監督インタビュー

今回は、中村監督ご自身の恐怖体験についてお話を伺いました。     ■怖いことはなかなか起きないもの ――ぜひ、聞いてみたかったのですが、「ほんとにあった! 呪いのビデオ」を撮っているときなど、実際現場は...
インタビュー

2016.08.26Fri

テーマについて何か響くものがないと基本的には断っています 『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』中村義洋監督インタビュー

『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』誕生のキッカケから、中村監督と原作の小野さんが共通して持っていた「怖さの感覚」についてお聞きした前回のインタビュー。今回はさらにそこを掘り下げるべく、小野さんも昔からファンだったという「ほん...
インタビュー

2016.08.26Fri

普通のホラーと全然違うから怖い...夏の終わりにオススメのホラー『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』中村義洋監督インタビュー

「穢れ(けがれ)」=人の死際に生じるとされる不浄のこと。そんな「穢れ」にふとしたキッカケで触れてしまい、その経緯を過去へ辿るうちに自分もその一部となっている。文芸雑誌「ダ・ヴィンチ」の「怪談オブザイヤー」で第一位に輝き、山本周五郎賞...
インタビュー

2016.08.22Mon

8.26公開『君の名は。』新海誠監督インタビュー最終回/強烈な「ロマンチック・ラブ」に憧れがあるんだと思います...

『秒速5センチメートル』、『言の葉の庭』など、男女の心を繊細に映し出す作品を生み出し、国際的にも注目される新海誠監督。最終回の今回は、新海誠監督の世界観、それを生み出したものについて詳しく伺います!     ...
インタビュー

2016.08.21Sun

『君の名は。』には、日本のアニメーションの文脈が豊かに含まれている 新海誠監督インタビュー

  『君の名は。』の作画監督を務めたのは安藤雅司さん。お名前は知らなくても、『もののけ姫』や『千と千尋の神隠し』などの作画監督を務めたと聞けば、その凄さは伝わるのでは? また、『君の名は。』には、キャラクターデザインを担...