インタビュー

インタビュー

2016.08.20Sat

RADWIMPS/野田洋次郎さんに脚本をお渡しして3、4ヶ月後に「前前前世」が上がってきたんです 『君の名は。』新海誠監督インタビュー

『君の名は。』はイメージぴったりな配役も魅力で、立花瀧役の神木隆之介、宮水三葉役の上白石萌音をはじめ、長澤まさみ、市原悦子と実力派の役者陣が名を連ねます。そして音楽は、ロマンティックな世界観で大きな支持を受けるRADWIMPSの描き...
インタビュー

2016.08.19Fri

「僕たちは可能性の直前にいる」それを全力で語れるような作品にしたいと思ったんです 『君の名は。』新海誠監督インタビュー

『秒速5センチメートル』、『言の葉の庭』など意欲作を次々と送り出してきた気鋭のアニメーション映画監督・新海誠。その最新作『君の名は。』は、少年・立花瀧(たちばな・たき)と少女・宮水三葉(みやみず・みつは)が夢の中で“入れ...
インタビュー

2016.08.15Mon

「監督には誰でもなれる。ただ、なり続けるのが難しいんだ」俳優・映画編集者 原田遊人さんが父・原田眞人監督から受けた教え

俳優として…編集者として…原田組の一員として…様々な角度からお話しを伺ってきたインタビュー。最後の章では、今後、遊人さんが思い描く目標についてお聞きしました!    ...
インタビュー

2016.08.14Sun

今夜、地上波初放送『日本のいちばん長い日』知られざる編集の舞台裏! 貴重な絵コンテも公開!

あすの終戦記念日を前に、今夜、テレビ朝日系列「日曜洋画劇場」特別企画として放送される『日本のいちばん長い日』。Filmersでは、同作で日本アカデミー賞・優秀編集賞を受賞した原田遊人さんに編集の舞台裏についてお話を伺いました。 &...
インタビュー

2016.08.13Sat

松坂桃李さんを盗み撮りしたシーンがあったんです 『日本のいちばん長い日』編集:原田遊人さんインタビュー

俳優としての自身の生い立ちについてお聞きした前回のインタビュー。今回は、「原田組」の中で、遊人さんが見てきた原田眞人監督の独特の演出「原田メソッド」についてお聞きしました。     ■原田メソッドとは型には...
インタビュー

2016.08.12Fri

映画界デビューは「小道具」でした 『日本でいちばん長い日』編集 原田遊人さん

今回のインタビューは『日本のいちばん長い日』で日本アカデミー賞優秀編集賞を受賞された映画編集者で俳優の原田遊人さん。この記事を読んだあと「原田眞人」で画像検索いただくと、とってもそっくりなお父さまのお顔をご覧いただけます。そう&hell...
インタビュー

2016.06.14Tue

瑛太の芝居はおもしろい!...監督にまた仕事をやりたいと思わせる俳優の居住まい

瀬々敬久監督へのインタビュー最終回は、新聞記者・秋川を演じる瑛太さんについて語っていただきました。記者クラブの代表として佐藤浩市さん演じる県警広報官・三上と衝突し、常に存在感を示す瑛太さんの演技はいかにして生まれたのか? さらに、映...
インタビュー

2016.06.13Mon

"チュルチュルしやがってよ!"佐藤浩市が怒って出て行ったワケとは?

「チュルチュルしやがってよ!」とは、撮影現場で実際に、佐藤浩市さん演じる三上が吐いたひとことです。すでに映画をご覧になった方は「え?そんなセリフあったっけ?」とお思いでしょう。もちろん、本編には使われていませんが…なぜ...
インタビュー

2016.06.12Sun

『64』映画化にあたり原作者・横山秀夫から言われた、たったひとつのリクエスト

前編のクライマックス・シーンである県警・広報室でのワンシーンでは、警察の対応に鬱憤を溜めた記者たちと、組織の制約とのはざまで苦悩する広報官・三上(佐藤浩市)が互いに激しい火花を散らします。固唾を呑んで見つめてしまうこのシーンには、監...
インタビュー

2016.06.11Sat

『64』原作と異なるエンディングにしたワケ 瀬々敬久監督インタビュー

たった7日間しかなかった昭和64年。その間に起きた少女誘拐殺人事件は未解決のまま時は過ぎ、時効まではあと1年に迫る―― ミステリーの名手・横山秀夫の原作を日本映画会最高峰の豪華キャストで映画化した『64-ロクヨン-/前編・後編』。...
インタビュー

2016.05.20Fri

人が恐怖を感じる条件は?『劇場霊』中田秀夫監督

霊が「人形」として現れ襲いかかる『劇場霊』。それを恐怖として見せるために、どんな工夫をされたのか? 中田秀夫監督にお話を伺いました。     ■自然の法則と違うことが起こると怖い ―――あらためてですが、...
インタビュー

2016.05.17Tue

ゆとり世代に感じる「諦めの空気」『無伴奏』俳優 池松壮亮さん

1990年生まれの池松さん曰く『超ゆとり世代』と称する同世代に感じる「諦めの空気」とはどこからくるのか? また、そんな世代に向けて『無伴奏』を観て欲しいと願う理由は何か? お話を伺いました。     &nb...