Article

インタビュー

2017.07.11Tue

観客それぞれの魔法を感じて欲しい『メアリと魔女の花』米林監督インタビュー

天真爛漫なヒロイン・メアリは、魔法の世界と日常を行ったり来たりするうちに、成長していきます。そんなメアリと一緒に冒険している気分になれるような、臨場感がある今作。その秘密は、舞台設定にありました。 (C)2017「メアリと魔女の花...
インタビュー

2017.07.10Mon

『メアリと魔女の花』米林監督がジブリから受け継いだ魂

ジブリ作品といえば、精緻で美しい風景。米林監督がジブリの制作現場で長年培ってきたその技術は、今作でもいかんなく発揮されています。制作にあたっては、なんとイギリスまでロケに出向いたのだとか! (C)2017「メアリと魔女の花」製作委...
インタビュー

2017.07.09Sun

声優たちが楽しんだ『メアリと魔女の花』アフレコ現場

主人公メアリを演じた杉咲花さんをはじめ、メアリが出会う少年・ピーター役の神木隆之介さん、魔法学校の校長・マダム・マンブルチューク役の天海祐希さん、魔法科学者・ドクター・ディ役の小日向文世さんと、声の出演陣も豪華です! (C)201...
インタビュー

2017.07.08Sat

『メアリと魔女の花』米林宏昌監督がメアリに重ねた想い

『借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』の米林宏昌監督の最新作、『メアリと魔女の花』。スタジオジブリの制作部門の解散後、設立された「スタジオポノック」として、記念すべき第一作目。 (C)2017「メアリと魔女の花」製作委員...
インタビュー

2017.06.07Wed

「お客さんに疑われると映画として負け」藤原竜也、伊藤英明が気にしたのは「芝居の加減」

『22年目の告白-私が殺人犯です-』入江悠監督インタビュー(4) 美しき殺人犯・曾根崎を演じるのは藤原竜也さん。対する刑事・牧村役は伊藤英明さん。そして事件の真相を追求するジャーナリストに仲村トオルさんと、豪華なキャストが顔を揃える今...
インタビュー

2017.06.07Wed

日本映画が逃げがちなものに向き合う

『22年目の告白-私が殺人犯です-』 入江悠監督インタビュー(3) 連続殺人事件を扱うというショッキングな内容に加え、阪神大震災により傷ついた登場人物がいたりと、物語の背景にはさまざまな社会が透けて見えてきます。入江監督にお話をうかが...
インタビュー

2017.06.07Wed

架空にせず「ニコ生」「Twitter」に許可を取った意味とは?

『22年目の告白-私が殺人犯です-』 入江悠監督インタビュー(2) 社会的な風潮を入れ込んだ物語づくりが好きだという入江監督。今作では、YouTubeやニコ生などのインターネットメディアやSNSを介して情報が拡散する様子が頻繁に描かれ...
インタビュー

2017.06.07Wed

時効を迎えた殺人犯による驚愕の告白『22年目の告白-私が殺人犯です-』

『22年目の告白-私が殺人犯です-』入江悠監督インタビュー(1) 「はじめまして、私が殺人犯です」 かつて日本を震撼させた凄惨な連続殺人事件が、未解決のまま時効を迎えた。その犯人が事件から22年後、突然みずから名乗り出る。顔をさらし...
インタビュー

2017.06.03Sat

「自分と向き合う」をテーマに撮影された映画 「武曲 MUKOKU」熊切和嘉監督インタビュー(4)

©2017「武曲 MUKOKU」製作委員会   キャスト、スタッフが一丸となってその世界観を作り上げた”現代の剣豪”を描く『武曲 MUKOKU』。熊切和嘉監督へのインタビュー最終回では...
インタビュー

2017.06.02Fri

主題歌をオファーした時の偶然 「武曲 MUKOKU」熊切和嘉監督インタビュー(3)

©2017「武曲 MUKOKU」製作委員会    “現代の侍の決闘映画”ともいうべき『武曲 MUKOKU』では、決闘シーンをはじめとした緊迫感に満ちた映像も魅力のひとつ。そこ...
インタビュー

2017.06.01Thu

監督が「完璧」と語る「武曲 MUKOKU」のキャスティング 熊切和嘉監督インタビュー(2)

©2017「武曲 MUKOKU」製作委員会   父親とのある事件から酒浸りの日々を送る主人公・矢田部研吾。彼の前に現れたいまどきの高校生・羽田融(はだ・とおる)は、実は本人も知らない剣の才能の持ち主だった――...
インタビュー

2017.05.31Wed

綾野剛が肉体改造して表現する父と子の確執『武曲 MUKOKU』熊切和嘉監督インタビュー(1)

©2017「武曲 MUKOKU」製作委員会 矢田部研吾(綾野剛)は、幼い頃から剣道の達人だった父(小林薫)に鍛えられ、その世界では一目置かれる存在となった。しかし、父との「ある事件」から研吾は生きる気力を失い、酒に溺れる...